平成26年(2014年)御法座のご案内

2014年01月23日 16:41

春彼岸法要

3月21日より3月23日迄

讃仏講師 光国寺住職(大分)

稲田 静真先生

 

永代経法要

5月19日より5月21日迄

讃仏講師 真証寺住職(奈良)

高澤 邦雄先生

 

お盆法要

8月2日より8月4日迄

讃仏講師 慈光寺前住職(大阪)

高田 慈昭先生

 

秋彼岸法要

9月21日より9月23日迄

讃仏講師 妙連寺住職(大分)

蓮谷 啓介先生

 

―蓮谷先生のことば―

私は京都の一般の家庭に生まれ育ちましたが、今から8年前、結婚を機縁に妻の実家である大分のお寺に入らせていただきました。ですから、初めに好きだったのは阿弥陀さまではなく妻でした。

今では多くの方のお育てによりお念仏申す身となりましたが、いつも尊くお聞かせいただくことは「阿弥陀さまは、好きになったら…お念仏したら…救ってあげるという仏さまじゃないよ。阿弥陀さまは私が好きになる前から、お念仏申す前から、私の命にかかりっきりの仏さまなんだよ」ということです。

その阿弥陀さまとの出遇いの中で、忘れていた昔のことを思い出しました。私の両親は共働きで、朝から晩まで仕事と家事に追われながら兄弟二人を一生懸命に育ててくれました。ところが「親の心子知らず」で、私は両親の言うことを聞かない子どもでした。

特に母は口うるさく、何度も何度も細かなことを注意してくることが嫌いでした。そしてもっと嫌いだったことは、注意した後で必ず「あんたのために言ってるんでしょ」の決めゼリフです。この「あんたのため」がとても煩わしかった私は、中学生だったある日、思わず「何度も何度もうるさいなぁ。誰が産んでくれって頼んだんや」と、母親に対して決して言ってはならないことを言ってしまったのです。

ところが、次の日からも母は朝から晩まで働いて、私を高校、大学と出させてくれました。

そして、社会人になって数年がたったある日、私は妻と出あい、「この人と結婚したい。そのためには大分のお寺に入って僧侶となる」と両親に告げました。

この時、母は非常に戸惑ったと思います。私は長男でしたから、私を産み、苦労して育てるなかでいつか長男の家族と一緒に暮し、年老いていくことを夢みることもあったのでしょう。母からはしばらく返事がありませんでした。そして数週間がたったある日、ついに返事をくれたのです。それは「あんたの人生なんやから、好きにしたらええよ」と、静かで優しい返事を今になって気付かされます。その返事は中学生の頃、私があんなに嫌いだった「あんたのため」という母の決めゼリフそのものでした。最後まで全く両親の思い通りにならない私でしたが、この命は初めから最後まで両親の「あんたのため」で貫かれていたのです。

そんな私を救うことに一生懸命な阿弥陀さまのお慈悲に出遇い、私は母に決して言ってはならないことを言ってしまったことを思い出したのです。そこで、私の誕生日が来たとき、自ら母に電話して「産んでくれてありがとう」と言う計画をたてました。ところが、失敗です。当日の朝、携帯電話が鳴り母の方から先に「誕生日おめでとう」と言われてしまいました。母の「あんたのため」の決めゼリフは昔の話ではなかったのです。親の願いはいつでも子の思いより先に、今も昔も変わらずに、私目当てに届けられていました。

今、この身にかけて気付かされます。阿弥陀さまの親心は子である私の思いよりずっと先に、初めから「南無阿弥陀仏」とはたらき通しでした。「あんたのため、あんたのため」と私のありったけを懐(いだ)きとり、うれしい時も悲しい時も常にご一緒くださって「あなたを救う仏はもうここにいるよ」と、お念仏となって一生懸命にはたらき続けてくださいます。

-みんなの法話より抜粋―

報恩講法要

11月9日より11月12日迄

讃仏講師 元敬愛高校校長(福岡)

香川 孝志先生

 

 

《定例法要》 毎月7日  昼1時半より

 

 

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

平成25年(2013年)御法座のご案内

2012年12月21日 15:58

春彼岸法要

 3月19日(火)より3月21日(木)迄

 讃仏講師 元鎮西敬愛高校校長

  香川 孝志先生

 

―香川先生のことば―

 お釈迦様が祇園精舎にあって、大勢のお弟子(1250人)に極楽の荘厳説き、阿弥陀仏の御徳をたたえ、念仏による極楽往生をすすめられる。

仏説阿弥陀経には「微風吹動(みふうすいどう)」「諸寶行樹(しょほうごうじゅ)及寶羅網(きゅうほうらもう)」「出微妙音(すいみみょうおん)」「譬如百千種楽(ひにょひゃくせんじゅがく)」「同時倶作(どうじくさ)」「聞是音者(もんぜおんしゃ)」「皆自然生(かいじねんしょう)」「念仏念法(ねんぶつねんぽう)」「念僧至心(ねんそうししん)」とあります。

 その意味は絶えず妙なる風が吹いていて寶で飾られた木が揺れ動き、寶でできた天蓋もゆれて、何とも言えない妙なる微妙な音がでる。その音色はまるで何百何千の楽器が一斉に奏でられるようにすばらしく、その音を聞いた人は心の中に念仏念法念僧(仏様のことを想う、仏法の正しい教えを想う、仏を信じる仲間のことを想う)の気持ちが自然とわいてくるという。                            法活より抜粋

 

永代経法要

 5月21日(火)より5月23日(木)迄

 讃仏講師 慈照寺住職(神戸)

  藤田 眞哲先生

 

お盆法要

 8月3日(土)より8月5日(月)迄

 讃仏講師 浄願寺前住職(愛知)

  結城 道哉先生

 

―結城先生のことば―

 私は五人兄弟の五番目、末っ子である。私の一人息子も二十歳となって僧侶となった。喜んでくれるはずの母も八年前、突然にしてあっけなく、病身の老いた父をのこして逝った。

 父は六十代なかばで脳梗塞を患ったが、病床から抜け出ては、自由のきかぬ身体であっても、母の手を借りながら布教を続けていた。しかし、寺の跡を任すはずの長男が事故で急逝。幼年の孫をいくら気遣っても、わが子のようにはいかないことも自身は承知していた。加えて母の亡き後の七年間は、いよいよ落胆の姿は明らかで、強気に振る舞うことでも隠せなかった。

 自分の意志にかなわぬ手足を見つめる父の目は、それを透かして法話のなかに時を過ごしているかのようだった。静かにお念仏のなかにいるような時間が過ぎた。そばにいる時、過ぎ去った時を繰り言として懐かしむ姿も、老いも、病の身も…私にはその姿が尊く得難いことと受けとめることができた。

 酸素マスクのせいか、ほとんど無口になったある日、少し身体を起こして書くものをくれとそぶりで言う。何か欲しいものでもあるのかと思いつつ、筆ペンと紙をわたした。

「あ・り・が・と・う」

え、そんな。幾度か聞き直しても「OK」のしぐさを繰り返すばかりだった。聞き終えた途端、そんな、ちょっと待って、映画か小説なら前振りの受けとめる用意があって…。突然すぎる。その二日後、息を引き取った。生涯の最後に残した言葉であった。

 父がお浄土に在り、母も長兄も次兄も。

 お念仏申す。

 私は今ここに在り、時空を超えて遠くに向かい、父母たちもまた、時空を超えてここに来る。                                       本願寺新報より

 

秋彼岸法要

 9月21日(土)より9月23日(月)

 讃仏講師 龍谷大学文学部教授

  藤澤 信照先生

 

―藤澤先生のことば―

 ずいぶん前のことですが、ご門徒さんから、「お釈迦さまって偉いですね」と話かけられたことがありました。突然のことだったので、「どうしてそう思われたのですか」と聞き返すと、笑みを浮かべながら「お釈迦さまは、この世にお慈悲を発見された人ですよね。お慈悲がなかったら、この世は暗闇じゃないですか」と答えられたのです。私は「そうですね」と相づちを打ちながら、心の中でその方に手を合わせていました。私は、最近になってそのときのことを思い出し、現代の日本のように物質的に恵まれた時代だからこそ、お釈迦さま誕生の意義をあらためて問い直さなければならない、と思うようになりました。

 たとえば、天上界の一つに、他人に欲望の境地を造りださせて自在にそれを楽しむことができる、「他化自在天」と呼ばれる世界があります。そこには「破旬」という魔王が住んでいます。常に多くの仲間をひきいて、人間界において仏道の妨げをすると言われています。

 自分の欲望を満たすため、または腹立ちを解消するために、簡単に他人を傷つけたり、いのちを奪ったり…。「お金さえあれば何でもできる」「お金は人の心だって買える」「お金儲けをして何が悪い」。そんな言葉が、堂々とテレビの画面から流れてくるとき、そこには魔王破旬にあやつられている人間の姿がかいま見えます。そして、「自分の思いがかなっていくだけの世界に本当の安らぎはないのだよ」という、お釈迦さまの教えが本当だったと知らされるのです。

          六道を超えて~本願寺の時間H18.8月放送より抜粋

 

報恩講法要

 11月10日(日)より11月13日(水)迄

 讃仏講師 西光寺住職(大阪)

  天岸 淨圓先生

 

 ―天岸先生のことば―

 私たちは生まれると必ず死にます。お浄土を持たない人というのは、その死が「不幸」で「かわいそう」なものとなります。ならば、それらの方の人生は、たとえどのような人生であり「可哀想」に終っていく人生でありましょう。

 「あなたを抱きとり仏にする」という仏さまの願いを聞く人には死という現実はあっても、その死が「出発点」という意味を持つのです。

 つまり命終えていくということが不幸なことでなくなり、生まれてきたことと、死なせていただくことの両方が尊いことになる。そしてそれによって初めて「いのち」が尊いものになる。     著書:浄土真宗の生き方-愚禿を名のった親鸞聖人(1260円)

 

《定例法座》毎月7日 昼1時半より

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

平成24年(2012年)御法座のご案内

2012年01月10日 11:38

 春彼岸法要

 3月17日(土)より3月19日(月)迄

 讃仏講師 京都女子大学教授(京都)

  普賢 保之先生

 

永代経法要

 5月21日(月)より5月23日(水)迄

 讃仏講師 満福寺住職(大分)

  田中 誠證先生

 

お盆法要

 8月2日(木)より8月4日(土)迄

 讃仏講師 浄泉寺住職(山口)

  上山 大峻先生

 

秋彼岸法要

 9月20日(木)より9月22日(土)迄

 讃仏講師 光照寺住職(大阪)

  若林 眞人先生

 

報恩講法要

 11月10日(土)より11月13日(火)迄

 讃仏講師 前南米開教総長・行信教校教授(大阪)

  高田 慈昭先生

 

《定例法座》毎月7日 昼1時半より

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

平成23年(2011年) 御法座のご案内

2010年11月18日 10:53

※修正ありましたので再度お知らせ致します

 

春彼岸法要

3月17日より19日迄

讃仏講師 前南米開教総長・行信教校教授(大阪)

 高田 慈昭 先生

 

永代経法要

5月21日より23日迄

讃仏講師 眞證寺住職(奈良)

高澤 邦雄 先生

 

お盆法要

8月3日より5日迄

讃仏講師 浄願寺住職(愛知)

結城 道哉 先生

 

秋彼岸法要

9月18日より20日迄

讃仏講師 妙蓮寺住職(大分)

蓮谷 啓介 先生

 

報恩講法要

11月7日より10日迄

讃仏講師 光圀寺住職(愛知)

稲田 静眞 先生

 

《定例法座》

毎月7日 昼1時半より

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

日曜学校のお知らせ

2010年11月18日 10:28

 

   毎月 第2日曜日 午前9時より 徳念寺本堂にて

  楽しく 過ごします。

 

    ◎詳しい事は、電話にてお尋ね下さい。

       

       TEL093-321-4391

 

 

 

 

 

 

カテゴリ: お知らせ 徳念寺 花園幼稚園

御正忌報恩講法要

2010年10月21日 10:09

十一月

二日(火)昼・夜
三日(水)昼・夜
四日(木)昼・夜

五日(金)昼

 

昼席一時半
夜席七時半

 

三日 御伝抄拝読(上巻)
三日 みのりコーラス演奏(昼席)
四日 御伝抄拝読(下巻)
四日 夜席大逮夜・くじ引き
(文字番組内住職参勤)
五日 昼席御満座・お斉 三時半

 

讃仏講師

前本願寺伝道部長・光徳寺住職(広島県)

藤田 徹文先生

 

忘れられない悲しみも喜びもすべて如来様の御照覧のなかで如来さまのお念仏(おさとり)と過ごさせていただけることを想うとあの方がわたしの前にお出まし下さらなかったら、私は所在もなく行く当てもなく、ずっとずっと何処に投げ出されていたのでしょうか。あの方が大切な恵みを届けて下さったように御正忌報恩講法要を上記のようにお勤めさせていただきます。どなたも参られますようお誘い申し上げます。                   合掌

 

 

徳念寺 住職

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

報恩講と龍谷会

2010年10月20日 21:43

親鸞聖人は七百数十年の昔、弘長二年(1262年)にお亡くなりになり、ご遺体は鳥辺野の南、延仁寺(大谷本廟の北側、御茶毘所のあたり)で、遺弟たちによって火葬に付され、三十日にご拾骨。その後、鳥辺野の北、大谷(現在の知恩院境内付近)に石碑を建て、そこにご遺骨を納めました。

聖人のご往生から十年後、文永九年(1272年)の冬、吉水の北の辺(現在の知恩院山門の北)に廟堂が建ち、聖人のお身代わりであるお木像が安置され、これが今日の御影堂ひいては本願寺の、そもそもの起源です。
聖人の曾孫・本願寺第三世覚如上人は、二十五歳の時、聖人の三十三回忌法要を廟堂でお勤め。聖人のお徳を讃えてご製作になった『報恩講式』という御文をお読みになり、これ以降、聖人のご命日には、お念仏もろともに、この『報恩講式』や蓮如上人以降は聖人ご製作の『正信偈』をも読誦することが、本願寺だけでなく各地の寺院でも、今日まで行われ、また、聖人の祥月の法要は特に『報恩講』と呼ばれて今に至っています。報恩講の『講』とは講義のことで、この際にこそ念仏者たちが集まって聖人のご高徳を偲び、お念仏の味わいを一層深め、聖人のご恩にお報いする機会にしようとの意味がふくまれています。

本願寺で新暦によって一月九日より十六日までおつとまりになる御小忌報恩講とは別に、大谷本廟では、毎年十月十五・十六日の両日、報恩講をお勤めし、この法要を龍谷会と呼んでいます。

「大谷」を一字で表すと「豅」という字になり、これを分解すると龍谷になるので、この地を龍谷山と称し、現に大谷本廟の仏殿には、本願寺第十四世寂如上人御筆の『龍谷山』の額が掲げられています。
龍谷会の当日は、仏殿のわきの読経所から、祖壇の拝堂である明著堂まで、奏楽の音とともに厳粛で華麗な庭儀(おねり)が、ご門主さま以下、大勢の僧侶などによって繰り広げられ、十六日には『報恩講式』がご門主さまによって読誦されます。

カテゴリ: 徳念寺

報恩講 反省会

2010年10月20日 21:35

十一月二十九日(月)
山口県下関市 豊田朝
グランドホテル(一の保温泉)

会費:6,500円
参加の方は十一月十五日までに当寺までお知らせください。

電話 093(321)4391
主催 徳園寺 仏教婦人会

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

除夜会 法要

2010年10月20日 21:32

十二月三十一日(金)
夜十一時半より

御参詣の方々で梵鐘をついていただきます。

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

元旦会 法要

2010年10月20日 21:29

一月一日
除夜会に引き続き、新年最初のお勤めを致します。
ご家族お誘いのうえ御参詣下さいますようご案内申し上げます。

カテゴリ: お知らせ 徳念寺

  1 2 3